TitanFX口座開設方法【本人確認やおすすめの入金方法、無料ツールまで解説】

皆さんこんにちは。
FXトレードデリバリー Mr.マグナムです。

今日はTitanFXの口座開設方法ということで、登録や本人確認、おすすめの入金方法、無料ツールのダウンロードまでのやり方を画像を使って解説していきます。

この記事はこんな人におすすめ!
  • 海外FXでどの業者の口座を利用するか迷っている方
  • TitanFXの口座開設のやり方や、本人確認・入金の方法を知りたい方
  • TitanFXが提供している無料ツール(MT4)をダウンロードして使いたい方

TitanFX(タイタンFX)は私がメインの取引で利用している海外FX業者の口座の一つです。

Mr.マグナムMr.マグナム

海外FX業者を比較した中で、TitanFXはAxioryと合わせて、ECN口座(Axioryでいうナノスプレッド口座、TitanFXではブレード口座)が優秀であり透明性が高いFX業者と言えるでしょう。

TitanFXの口座開設手順は5~10分ほどで完了します。

FXの場合、複数の口座に資金を分散しておくのはある意味リスク分散になります。

ミスメイドA〇

サイトは日本語表示にも対応していてサポートも日本語でしてもらえるので、日本人でも安心ですね。

海外FXを取引で使っている場合、Axiory、TitanFXは並行して利用していくことをおすすめします。

TitanFXの口座開設方法と画像付きの流れ解説

それでは早速TitanFXの口座開設フォームを開きましょう。

TitanFX口座開設方法リアル口座開設ボタン

トップ画面から左下の「リアル口座開設」をクリックします。

①「ライブ口座を開設する」で名前等の基本情報を入力

「リアル口座開設」ボタンをクリックすると、「ライブ口座を開設する」ページに移動しますので、クライアントキャビネット情報(個人の基本情報)を全て入力します。

各種情報は全部ローマ字入力です。

今回は以下の情報の人を例にして入力例を載せておきます。

名前:配達太郎(はいたつたろう)
生年月日:1990年4月20日
郵便番号:160-0023
住所:東京都新宿区西新宿1-2-3 新宿マンション303号室
電話番号:080-1234-5678

特に住所の英語に関しては、普段入力に慣れていないと混乱してしまうかもしれません。もし不安であれば、こちらの「JuDress」というサイトで日本語から英語に変換が可能ですので活用してください。

(入力例)TitanFXライブ口座を開設する入力例任意

TitanFXの各情報入力項目と注意点
  • 名:下の名前をローマ字で入力
  • 姓:苗字をローマ字で入力
  • メールアドレス:登録するメールアドレス。取引の結果や重要なお知らせが届く。Yahooメールやgmailなど、パソコンからのメールも受信できるフリーメールアドレスを推奨
  • 生年月日:半角数字で、「日/月/年」の順番に記入。
  • TitanFXをどこで知りましたか?:ここは任意入力。
  • クライアントキャビネットのパスワード:今後のFX口座のweb管理ページにアクセスする時に利用するパスワード。大文字、小文字、数字をいれた7桁以上のパスワード
  • 国:Japanと入力。身分証明書と同じ国を入力しましょう。
  • 国番号:日本の場合、「+81」。その後の番号は連絡の取れる番号で、ハイフン無しで入力します。
  • 市区町村以降の住所:ローマ字入力です。新宿区西新宿1-2-3の場合、「1-2-3, Nishishinjuku」
  • 市区町村・都道府県:ローマ字入力。
  • 郵便番号:ハイフンなしで7桁の数字を入力
  • 口座タイプ:MT4の取引口座をプルダウンで選択。スタンダード口座かブレード口座。
  • レバレッジ:プルダウンからレバレッジを選択。1:500を推奨します。
  • 基本通貨:JPY
ミスメイドA

日本語の住所を英語に変換するのはJuDressという住所変換のWebサービスを利用すると簡単です。

メールアドレスについては、今後もTitanFXからのお知らせなどが届くことになりますので、yahooメールやgmailなどパソコンでもスマートフォンでも受信できるメールアドレスを推奨します。

パスワードは、大文字・小文字・数字を含む7文字以上です。複雑になり忘れてしまいがちなので、こちらは控えて大切に保管しましょう。

MT4の取引口座タイプについて

MT4取引口座の「口座タイプ」は”スタンダード口座”と”ブレード口座”のいずれかから選択します。

自身のトレードに合わせて使い分けましょう。後から口座を追加することも可能です。

TitanFXの最大で利用できるレバレッジ倍率は、500倍です。少額の資金での取引を考えている場合は、レバレッジは「1:500」をおすすめします。

登録項目の入力が完了したら、金融サービスガイド・金融賞商品開示文書、利用規約を確認し、同意しますにチェックを入れて、「口座開設」ボタンを選択します。

TitanFXライブ口座を開設する入力終了後の確認画面

 

②TitanFX仮登録メール確認とメール認証

登録したメールアドレス宛に、TITANFXから以下のような認証メールが届きます。

TitanFX(タイタンFX)口座開設仮完了メール確認ボタンをクリックして、メールアドレスを認証させましょう。

このメールはこちらで確認する限りは登録後すぐ届きましたが、場合により2ー3日かかることがあるようです。

届かない場合は迷惑メールに入っている可能性もあるので確認してください。

問題なく認証が終わると以下のような画面が表示されます。

TitanFXライブ口座を開設メールの確認ボタンを押したあと

 

③TitanFX管理ページログイン、セキュリティ設定

メール認証が完了したら、TitanFXのクライアントキャビネットにログインして、セキュリティ設定などに進みます。

 

TitanFXライブ口座を開設メールの確認ボタンを押したあとの初ログイン

上記クライアントキャビネットログイン画面でメールアドレスとパスワードを入力して、クライアントキャビネットにログインします。

TitanFX(タイタンFX)口座開設後初ログイン

初ログイン時上記のような画面になります。

「開始する」をクリックして必要な項目を入力します。

TitanFXクライアントキャビネット初ログイン後の詳細情報と秘密の質問アンチマネーロンダリング規約の関係で、現在の職種と雇用形態を入力してください。

こちらは日本語入力可能です。秘密の質問については質問をプルダウンから選択して、回答を入力します。入力が終わったら「保存して続ける」を選択します。

TitanFXクライアントキャビネット投資経験の質問

投資額に関する質問が2つ表示されます。こちらはプルダウン式ですので、ご自身に該当する項目をそれぞれ選択し次へをクリックします。

投資額はドル表示です。10万円未満の方は$1,000以内を選択します。

④写真付き身分証明書の提出

ここから先は写真付き身分証明書の提出の項目です。

必要な本人確認書類

1.顔写真付き本人確認資料(いずれか1点)の写真
運転免許証(表面と裏面)、パスポート(顔写真と住所ページ)

2.IDセルフィー
本人確認書類の顔写真が記載されている面と、本人の顔が一つの画角に収まっている写真です。TITANFXセルフィー

 

  • 画像内にご本人の顔と顔写真付き身分証明書表面が同時に写っている
  • 証明書の文字、顔写真が明確に判別できる
  • 顔は正面を向いて、無帽で髪が目にかかっていない
  • 他の人が写り込んでいない

3.現住所確認書類
健康保険証、住民票、公共料金領収書など

TitanFX写真付き身分証明書の提出に関してパスポート情報または、運転免許証情報を入力して、その後セルフィーの画像をアップロードして照合します。

こちらで自動認証となりますが、手続きが完了するまで1営業日かかります。

MT4口座情報の保存とMT4の準備

MT4のログイン情報、パスワードについては以下のようにメールで届きますので保管しておきましょう。

TITANFXからのメールでのMT4案内

TitanFXの無料取引ツール(MT4)ダウンロードについて

FXの取引で使用していく無料の取引ツールであるMT4はTitanFXのサイトから最新のバージョンをダウンロードすることが可能です。

TitanFXの口座を利用する場合は、TitanFXのMT4を利用することをおすすめします。

TitanFX_MT4ダウンロードリンク

MT4まで用意ができれば、FXの取引に必要なツールの準備はある程度できたことになります。

デモ口座も準備されていますので、まずはデモから。または少額からトレードを重ねていくのもいいでしょう。

 

TitanFXへの入出金はbitwalletが便利

入出金の操作は、TitanFXのクライアントキャビネットにログインして行います。

TitanFX入金の流れ

ログイン後、左側の入金を選択し、右側の入金金額を入れた後、入金方法を選択します。

Mr.マグナムMr.マグナム

クレジットカードでの入金は反映も早く便利ですが、銀行振込や今後の出金のことも考えてbitwalletを作っておくといいかもしれません。