Axioryの信頼性は大丈夫?メインバンクがドーハ銀行に変更

FXトレードデリバリー Mr.マグナムです。

FX会社のAxiory(アキシオリー)から、8月2日にメイン銀行がユニオン銀行からドーハ銀行に変わったというメールが届きました。このメールを受けて、

「FX会社のAxioryって大丈夫ですか?」

「Axioryはメインバンクをころころ変えてますけど、経営がうまくいっていないのでしょうか。」

という質問がLINEにありました。

Axioryの新ID認証システムJumio登録手続きを完了してボーナスを活用しようでも触れましたが、まだ記憶に新しい2019年2月に以下がありました。

  • 元々メインバンクだったSparkasse銀行との提携解除
  • bitwalletとの提携解除

    当時は提携解除等だけでなく、利用しているトレーダー全員がJumio認証という本人確認処理をAxiory指定の期間内に必ず実行しなければ口座や資金が無効になってしまう。

    というところもあったので騒ぎが大きくなったのですが、今回はどうなのでしょうか。皆さんも気になる信頼性は大丈夫?という点について。わかる範囲で伝えていきます。

    Axioryからのメインバンク変更のお知らせメール

    Axioryからのメインバンク変更のお知らせメールこちらがAxioryから届いたメインバンク変更に関するお知らせの内容です。

    口座をお持ちの方はメールも届いているはずです。

    2019.8.02
    お客様各位

    平素より大変お世話になっております。

    本日、弊社のメイン銀行をユニオン銀行からドーハ銀行へ変更いたしましたことご報告いたします。これに伴い、お客様の信託保全先もドーハ銀行へ変更となりました。

    常にお客様の資金の安全性を第一に考え、ペイメントに関するビジネスパートナーとの提携について、厳格なリスクマネージメントに基づいた精密な調査を行っております。

    [ドーハ銀行につきまして]
    弊社は現在GCC加盟国への進出に取り組んでおります。ドバイはヨーロッパとアジアを結ぶ非常に素晴らしいロケーションに位置しており、全てのお客様の入出金に関わる要望にお応えするべく、ドバイにあるドーハ銀行を当面の間メイン銀行として利用することにいたしました。これに伴い海外銀行送金での入出金による送金速度の向上に繋げたく存じます。

    [ユニオン銀行につきまして]
    ユニオン銀行を通じての海外銀行送金での入出金につきまして、非常に時間がかかる等、ご不便をおかけしている状態が続いておりますため、状況の調査をしております。できる限りスムーズに入出金して頂けますよう、今回の決定に至りました。
    今後もクレジットカード(VISA・JCB)、国内銀行送金byCurfex、海外銀行送金、Sticpayやビットコイン等をよりスムーズにご利用頂けますようシステムの向上と、更に新しいペイメントシステムの導入を図っていきたいと考えております。

    何かご不明な点がございましたら、お気軽にお問合せください。 お問合せ先;jpsupport@axiory.com

    今後ともAxioryをよろしくお願い申し上げます。

    Axioryからのメールから出典

    Axioryからのメールの要点としては、

    ・ドーハ銀行は入出金スピードが早くて信頼性が高い。ロケーションもいいのでメインバンクに。

    ・ユニオン銀行は海外銀行送金での入出金に非常に時間がかかる。調査中だが原因不明の為どーは銀行に切り替えることになった。

    ということです。

    Axioryのメインバンク、ドーハ銀行とは?

    ドーハ銀行のロケーションがいいとのことですが、ドーハ銀行はどこにあるのでしょうか。

    ドーハはカタールの首都です。

    30代以上は聞いたことがある人も多いと思いますが、サッカーの日本代表に三浦知良選手がいた頃、アメリカワールドカップ最終予選、試合終了間際に対戦相手のイラクから同点ゴールを決められて惜しくもワールドカップ出場を逃した時のことを「ドーハの悲劇」といいましたね。

    ドーハで開催されたアジア予選だったからです。

    Axioryメインバンクドーハ銀行はどこ

    このドーハはカタールの首都。ペルシャ湾にちょっと出っ張っている赤い印のところがドーハです。

    海の対岸の方にはオイルマネーと富裕層。ブルジュハリファなどで有名なドバイもあります。

    そんなドーハに本社を持ち1979年に設立されたのがカタール内で大手のドーハ銀行。中東の銀行では珍しく日本にも事務所を持っています。

    ヨーロッパ、中東、アフリカ、アジアのちょうど中間のような場所を拠点としている銀行でありながら、信頼性も高く高い入出金スピードを維持できる。というところがAxioryが判断したメリットなのでしょう。

    AxioryはGCC諸国(へのビジネス展開を促進中

    Axioryは現在拡大戦略を進めていて、GCC諸国(クウェート、サウジアラビア、バハレーン、カタール、アラブ首長国連邦(UAE)、オマーン)へのビジネス展開を強化しているようです。

    ドバイに新たなオフィスを開設したりしているところなどを含め、ドーハ銀行をメインバンクにすることによるメリットが大きいというところなのでしょう。

    6月に新たなCEOが就任したことも体制の変化に影響があった可能性もあります。

    Axioryはユーザーへのサービスレベルを下げないためにメインバンクを変更した

    Axioryはユーザーへのサービスレベルを下げないためにメインバンクを変更したAxioryは何故半年前の2019年2月にメインバンクをSparkasse銀行⇒ユニオン銀行に変えたばかりで、今回更にドーハ銀行に変えたのでしょうか。とはいえ、2月の通知の時点でもドーハ銀行をユニオン銀行と合わせて採用することは公開されていました。

    今回のAxioryのメインバンク変更の最も大きな理由は、メールでの文面と過去の状況から判断するしかないのですが、やはり「入出金に非常に時間がかかったところ」なのではないでしょうか。

    短期間でメインバンクがコロコロ変わることは、ユーザー側からするとAxioryの業績やキャッシュフローに不信感を感じる要因になります。

    それでもなお、メインバンクを変更しなければならないくらい、入出金のスピードを改善する必要があったということでしょう。

    FX会社の運営において入出金のスピードが遅いというのはそれだけで信頼性が落ちるといえます。ユーザーの満足度や信頼も落ちていってしまうでしょう。

    長期的に見て、改善の目処が立たないユニオン銀行からドーハ銀行に変えたのはAxiory利用者のことを考えた判断だといえるのかもしれません。

    Axioryは半年前にメインバンクを変更したばかりだけど大丈夫?

    Axioryは半年前にメインバンクを変更したばかりだけど大丈夫?現時点では、スプレッド操作やストップ刈りなどの話も聞きませんし自分自身も感じません。

    入出金についても、遅延やトラブルはほとんど聞いたことがなく、サポートの対応も良好な印象です。スタンダード口座、ナノスプレッド口座共に安定感がありますしAxioryは優秀なFX会社といえるでしょう。

    今後もAxioryの動向やメールなどには注目して様子を見ていこうと思っています。

    心配の方は、Axioryと合わせて私も利用しているTitanFXも利用してみるといいのではないでしょうか。Blade口座も低スプレッドでのトレードを実現していますし、最大レバレッジも500倍と高いレバレッジとなっているので使いやすい会社になっています。

    LINE@でのFXトレードの配信は下のボタンで友達追加できます。
    他人の手法の中から、新たに見えてくる世界があるもの。

    その中で自らの手法を確立していく。それがトレーダーの正しい進化スタイルだと僕は思う。
    それなりにわかりやすい配信をしているつもりだから、興味があったらLINE@を登録して参考にしてください。

    FX trade deliveryLINE@登録ボタン

    「Survive first and make money afterwards 」
    (まずは生き残れ。儲けるのはそれからだ。)

    それでは!