読書量と収入は比例する。ビジネスオーナーとトレーダーの共通点

猛暑日が続く日本。相場の状況は株価を含め大荒れの8月。

FXトレードデリバリー Mr.マグナムです。

トレーダーとしての今の自分が通ってきた道のりの中で意識してきた事、マインドについて伝えていきます。

FXトレーダーを目指す皆さん。
これはいいなと思うようなことは真似をしてぜひ実際に取り入れてください。

世の中、行動を起こず考え込んでしまう人が多いと感じます。行動した者にだけ見える景色が必ずあります。トレードに関係しない何気ないことも、実は先々で生きてくることもあります。

今日は、『読書量と収入は比例する。ビジネスオーナーとトレーダーの共通点』ということについて。

過去、良書に出会えたら何度も熟読しようでは読書と良書を熟読するメリットを紹介しました。今日は読書量と収入の相関関係について。皆さんは継続的に読書をしていますか?

読書量と収入は比例する?ビジネスオーナーに学ぶ

読書量と収入は比例するビジネスオーナーに学ぶ先日、知り合いの社長さんと食事をしてきました。
和食の店で食べながら話をしていて、読書のことに話題が移りました。

読書量と収入が比例するという話は良く聞きますが、実際に色々な人と会っていると、その通りだなと感じます。

ビジネスにしろ、投資にしろ、一流な人は本を多く読んでいます。

本を多く読むという事は、それだけ多くの情報を蓄積していることになるのです。

本とは、著者が読者に対して伝わりやすいように熟考して、何年も時間を掛けて蓄積した情報・ノウハウを分かりやすく表現した形なのです。

その情報を数時間で触れる事が出来るのは、非常に効率的なことであり、物事を歴史から学び取ることができる。

つまり、多くの本を読むということは、凝縮された情報を多く吸収する事が出来ることになります。

情報に比例してビジネストークが幅広くなり、斬新なアイデアも閃くでしょう。

これは、FXや他のトレーダーにも当てはめて言える事だと思っています。根本的には「個」で利益を出していくということに必要なことだからです。

高収入の人と一般のビジネスマンでは読書時間は約38倍の開きが

高収入の人と一般のビジネスマンでは読書時間は約38倍の開きが20~30代のビジネスマンは1ヶ月平均0.26冊の本を読むのに対して、30代で年収3000万円の人は平均9.88冊の本を読むそうです。

その差は約38倍になり、アメリカの調査でもビル・ゲイツやウォーレン・バフェットのような大富豪が1日30分以上本を読むのに対して、年収300万前後の人たちの中で1日30分以上の読書をしていたのは、たったの2%しかいなかったそうです。

毎日、継続し続けることで、小さな塵も大きな山ということです。

これは投資、短期のトレードであるFXでも同じです。

毎日、残業続きで時間がありません、という人もいるでしょう。

しかしそういう人に限って、時間がないと言いながら、家に帰ればテレビを見たり、映画を見たり、パチンコをしたりしています。

その時間を投資に向けることで、2時間ほどは作れるのではないでしょうか。

今、作れる時間を自己投資に向けることで、将来の収入増加に繋がる努力をしたほうがいいのではないでしょうか。

結局のところ、怠惰な生活を変えられないでいること。それが最も恐ろしいことであり、人の成長を止めることです。FXなどトレードをギャンブル的にしてしまう人は、この属性の人が多いと思っています。

 

瞑想は読書と同じく一流の人が取り入れている習慣

瞑想は読書と同じく一流の人が取り入れている習慣読書と同じく一流の人が取り入れている習慣があるので紹介します。

それは、『瞑想』です。

筋トレをすれば身体を鍛えるように、瞑想をすれば心が強くなると言われています。

私も瞑想を習慣に取り入れていますが、その効果は計り知れないものを感じています。

『人は毎日髪を整えるが、どうして心は整えないのか』

キューバの革命家チェ・ゲバラが言った言葉として非常に有名です。

私はFXでトレードをする前には瞑想しますし、損失が出て、メンタル的にブレを感じた時にも瞑想するようにしています。

あなたも一つの仕事が上手くいかなければ、他の仕事にも影響してくる事があるのではないでしょうか。

瞑想とは、心をリセットするようなものなのです。

PCでも長時間使用していれば、余計なタスクが残っていって、処理速度が落ちていきます。

そんな時には、再起動してメモリをリセットすることでしょう。
瞑想とは、まさに心の再起動なのです。

瞑想とは、【思考】する事を手放し、一切の雑念や、欲望、悩みなどを開放することです。

ストレス社会と言われていますが、瞑想すればストレスなど一発で解消できます。
瞑想が上手くいくと、朝に目覚めた時のような爽快感もあり、睡眠時間の短縮ができるとも言われています。

頭のメモリがすべてリセットされるため、新しい情報も自然と入ってきますし、ゼロベースで思考する事が出来るため新しいアイデアも浮かびやすくなります。
私の知り合いでもアーティストや、芸術家などクリエイティブな仕事をしている人は習慣化しています。

初心者トレーダーが習慣化したい瞑想

初心者トレーダーが習慣化したい瞑想実際に瞑想をすると言ってもどうすればいいのかわからない。

そういう方は、まずは以下のような姿勢を意識してやってみましょう。

初心者が押さえておきたい瞑想のポイント
  • あぐらで目をつむる
  • 手のひらを上に向ける
  • 坐骨で座り、背筋を伸ばす

    まずは、あぐらをかいて目をつむる。目を開けていると、どうしても脳に送る情報量が多くなってしまうので優しく瞼を閉じます。

    次に、手のひらを上に向けます。手のひらを解放していると、自分自身の気持ちも解放的になります。

    最後に、お尻にある坐骨で座り、背筋を伸ばします。お尻の肉を後ろにずらしながら座ると坐骨で座りやすいです。

    猫背の人や、体制が厳しい人は、お尻の下に何かを敷いて、座ることで負担が減ります。大事なのは骨盤が自然と起き上がった姿勢にすること。

    頭のてっぺんから引っ張られているようなイメージで背筋を伸ばしましょう。背筋が伸びていると呼吸の巡りも良くなります。

    リラックスする音楽を聞きながら、慣れないうちは雑念が入るのは仕方がないことなので、まずは10分。できれば30分行うような習慣をつけるといいです。

    瞑想を繰り返し行うことで、自然と心のリセット方法も分かってきます。

    そうなれば、瞑想という手段を使わずに心のリセットをする事も出来てきます。日常生活でも、小さなことでイライラする事もなく過ごすことが出来るでしょう。

    何か不測の出来事でストレスが生じても、目をつぶって深呼吸すれば解決です。

    瞑想をしたことがない人は、一度やってみてください。

    読書と瞑想はFXトレーダーにも有効な習慣

    読書と瞑想はFXトレーダーにも有効な習慣ここまで紹介しましたとおり、「読書」と「瞑想」を実際に取り入れているビジネスマンやトレーダーが多いのは事実です。

    この情報をどう受け取るのか。

    たしかに、他人と同じことを行っているだけでうまく物事が進むわけではありません。

    しかし、「なぜ、ビジネスオーナーやトレーダーが継続して「読書」や「瞑想」をするのか」というところに着目してみましょう。

    継続しているということは、結果を出してうまく回っている今でも、有効なことだと認識しているから、やめることなく続けていると考えることもできますね。

    自分の習慣を変えることは簡単ではありません。それも、結果を出している人はわかっています。

    空いている時間を、なんとなく漫画を読んだり、youtubeを見たり、スマホアプリをしたり、アニメを見たり。ただ、なんとなく過ごしていませんか?

    心当たりがあり、変わりたい人は、その時間を少しずつ読書や瞑想などにスライドしていくようにしましょう。

    3ヶ月、6ヶ月、1年と時間が経つにつれて、変化を感じられます。FXのトレード結果にも必ず影響が出るでしょう。

    FXトレードにおいて非常に重要なメンタル。メンタルに関する記事と要点について、以下の記事にまとめていますので、FXトレーダーとしてのレベルアップに活用してください。

    Check!FXトレードにメンタルは必須!初心者向けマインドまとめ保存版

    「Survive first and make money afterwards 」
    (まずは生き残れ。儲けるのはそれからだ。)

    それでは!