FXはマネーゲームなのか?FXトレーダーとしての考え方

皆さんこんにちは。
FXトレードデリバリー Mr.マグナムです。

今の自分が通ってきた道のりの中で意識してきた事、マインドについて伝えていきます。

FXトレードの技術的な内容というよりはマインドです。

トレーダーを目指す皆さん。
いいところは真似をしてぜひ実際に取り入れてください。

世の中、行動した者にだけ見える景色が必ずあります。トレードに関係しない何気ないことも、実は先々で生きてくることもあります。

今日は「FXはマネーゲームなのか?FXトレーダーとしての考え方」ということについて。

FXや株式トレードはマネーゲームと考え、実際に結果を出している人がいる

FXや株式トレードはマネーゲームと考え、実際に結果を出している人がいるFXや株式などは、マネーゲームか否か。
様々な業界の人やトレーダーなど、考えは十人十色だと思います。

160万円の資金から200億円近くまで資産を増やしたトレーダーの話はご存知でしょうか。

株式トレーダーで有名なBNFさんです。
このBNFさんは「ジェイコム男」という通称でも呼ばれ、ジェイコム株ご発注で大儲けしたという話が有名ですが、実はすでにその時点で40憶近くの資産を持っていたのです。彼は過去インタビューに答えています。

彼が動画内で言っていることで重要な事は、「お金が欲しくて、使いたくてやっているわけではない。ただ株の売買をしているだけだ」という事です。

そこには、お金に対する思い入れが存在しないのです。

あえてお金を見ないようにすることで、一回の損失に対する実感をなくしています。

マネーゲームだ!との指摘に対して、BNF氏は同意しています。
私もFXや株式などの投資はマネーゲームとの意見に対しては同感です。

重要な事は、「投資の実態がマネーゲームかどうか」ではなく、「トレーダー自身の意識がゲーム感覚だ」という事です。

動画内に、「1日で1億の損失することがあります」というシーンがあります。

もしこの1億を実感したらどうでしょう。

この世には、数百万円の借金で自殺する人すらいます。
1億円あれば、多くの人の命を救えたなんて考えたら憂鬱にもなります。

あくまで、FXや株式トレードの口座残高はパソコン上の数字の増減だけで、それ以外の何でもありません。

凄く簡単に表現すると、ドラクエのカジノでコインが増減するのと同じです。

投資資金が100億円だろうと10万円だろうと、口座に入れてしまえばただの数字です。

相対的に増えるか、減るかのどちらかしかありません。
複利であれば10万であろうと、BNF氏のように資産を増やすことも可能です。

ここで重要なのは、「デモ口座では残高が増えようが減少しようが、何も感じない」という事。

「デモ口座と同じ感覚でリアル口座でも取引が出来るのか」という事です。

FXや株式の短期投資はマネーゲームだと指摘する人は皮肉を込めて指摘しているのでしょうが、実感の無いゲーム感覚という意味では正しい指摘になりますね。

FXや株式のトレードはマネーゲームという事に対する誤解

FXや株式のトレードはマネーゲームという事に対する誤解FXや株式がマネーゲームであるという表現で誤解しないでおいてほしいのが、ゲーム感覚というのはメンタル面の変化についてで、エントリーやエグジットなど取引判断をゲーム感覚で適当にやるという意味ではありません。

FXだけでなく投資全般はロジカルにやるもので、取引判断は感情面を一切抜きにして、徹底して真剣に判断しなければいけません。

取引判断が間違ったときに、ゲーム感覚で何度でも失敗出来るという気持ちでは、損失ばかり膨らんで成長できません。

ドラクエであれば、カジノのコインが減ってもゲームをリセットして、コインが減る前の保存していたポイントから再開できます。

しかし、現実世界ではタイムマシンがない限り、リセットすることは出来ません。

1回1回のトレード結果に対する気持ちは気軽でいいのですが、取引する際の判断は慎重でなければなりません。

損失が出ても感情的に悲観する必要はありませんが、その損失がどのような判断から生じけた結果なのか、冷静に分析する必要があります。

あくまで投資は自己責任が原則であり、自分自身の人生になります。
そのため、私はリスク面に重点を置いています。

FXをしていると、想定外とも言えるようなことが起こります。
過去のスイスフランショックやリーマンショックなどを経験した方々はお判りでしょうが、ちょっとしたポジションで命取りになることがあります。

ロット管理がどれだけできているかもそうですが、損切り設定をしていたとしても、使用している業者の約定力が低ければ一発で終了です。

トレーダーの力量などは関係ありません。

一部の関係者と、情報を持っていた人は莫大な利益を得られたかもしれませんが、それ以外の人にとっては災難です。

ただ、経験者であれば口座を複数に分けるなどして退場にはならないでしょうが、初心者であれば一発で強制退場でしょう。

FXや株などは、想定していた損失額を大きく上回ることもあり、リスク管理が不十分な初心者は急激な変動で退場させられる事はよくあります。

そういったことも視野に入れると、大前提である会社選びは重要というわけです。
海外FXについては、ゼロカットシステムを採用していて、約定力が強いところでいくつかの信頼性の高い会社を併用する。

以前記事で紹介したTitanFXAxioryなどがいいでしょう。

そしてトレードのロットについては常に余裕を持つロットの計算についての基本的な知識はやはり必要です。

この2つは抑えておきたいところですね。

FXはマネーゲームなのか?FXトレーダーとしての考え方 まとめ

FXはマネーゲームなのか?FXトレーダーとしての考え方 まとめ少し話が脱線してしまいました。

今回わかってほしかったこと。

それは、

FXトレーダーとしての理想

メンタル面では、FXトレードはマネーゲーム、ゲーム感覚で。
しかしトレードの判断は感情を抜きにしてロジカルに。

というスタイルが理想だという事です。
矛盾しているように最初は感じるかもしれませんが、是非覚えておいてください。

 

LINE@でのFXトレードの配信は下のボタンで友達追加できます。もちろん無料ですし、自信を持って配信しています。
他人の手法の中から、新たに見えてくる世界があるもの。

その中で自らの手法を確立していく。それがトレーダーの正しい進化スタイルだと僕は思います。
それなりにわかりやすい配信を心がけていますので、興味があったらLINE@を登録して参考にしてください。

FX trade deliveryLINE@登録ボタン

「Survive first and make money afterwards 」
(まずは生き残れ。儲けるのはそれからだ。)

それでは!