孤独は人を賢者にする。FXで成功したいなら孤独を恐れない

FXトレードデリバリー Mr.マグナムです。

今日は「孤独」について。FXだけでなく、トレーダーにとって、「孤独」とは非常に身近な存在です。

FXでトレードをしていて、孤独を感じたことがある人は多いかもしれません。特に結果を出しているトレーダーは…。

FXトレーダーを目指す皆さんにとって何かのヒントになれば

世の中、行動した者にだけ見える景色が必ずあります。トレードに関係しない何気ないことも、実は先々で生きてくることもあります。

著名人の言葉にも、孤独をテーマにした名言があります。人と異なる結果を求める時は、孤独とやはり向き合う必要がある。そう思います。

孤独は人を賢者にする、人ごみに逃げてはいけない

孤独は人を賢者にする、人ごみに逃げてはいけない

『孤独は人を賢者にする』

独特の感性をお持ちの美輪明宏さんが孤独と群れることについて語った時の一言です。

この言葉を聞いた時、一瞬にして強い衝撃を感じたのを覚えています。

人は誰しも、人生において不安を抱えながら生きています。

それが、勉強だったり、仕事だったり、お金など、様々でしょう。

その悩みに対して正面から解決すればいいのですが、多くの人は無意識的に自らを正当化して逃げる道を探しています。

その手段として、同じ不安を抱えている人同士が集まって群れる事なのです。

群れる時、人は同じレベルの人と居る事で、安心感を得ようとします。

同じ意見や、同じ服装、同じ収入の環境に自らを置くことで、自らの現状に対して正当化しようとしているのです。

そして、その不安を放置している自分に対しても、集団でいることで、罪の意識も薄くなります。

赤信号、みんなで渡れば怖くない

赤信号、みんなで渡れば怖くない

『赤信号、みんなで渡れば怖くない』

北野武さんの言葉として、流行語大賞にもなった有名な言葉です。たしかに子供の頃流行っていた言葉で、言ったら親に怒られた記憶があります。

漫才のネタの一部ですので冗談のつもりでしょうが、集団心理として分かりやすいです。

一人であろうと、複数であろうと、信号無視には変わりはありません。
しかし、集団であればその責任が薄くなると感じてしまうのではないでしょうか?

警察に注意されても、自らの責任の説明ではなく、周りを指差して『他人もやっている』と言うでしょう。

スピード違反や、ゴミのポイ捨てなども同じ心理です。

群れる事で誤魔化していた不安も、いつかは向き合わなければなりません。

自然に無くなるわけでもなく、むしろ問題は時間と共に大きくなっていくでしょう。

周りの誰かが助けてくれる事を期待しているかもしれませんが、それは起こりません。

あなたの周りも同じ不安を持っている人たちですので、解決方法を知らないのです。

本質的な部分の決定権は結局自分にあります。同じカテゴリーの人間。つまり学校の先生なども同じになりますが、あなたが目指している世界によっては、結局のところ知らないので解決方法などわかるはずがありません。FXや投資に限らずです。

何より、他人任せの人生など、自らの人生と言えるでしょうか。

結局、あなた自身で解決する道を探さなければなりません。

孤独でいる事が出来る人は、その不安と向き合うことが出来る人です。

不安と正面からぶつかり、解決するために自らを磨いていることでしょう。

孤独の中でしか、見つけることの出来ない問題も沢山あります。

1日10分でも、自分と向き合う時間を作ってみてはどうでしょうか?

孤独の中でしか見つからない自分の本当の問題点

孤独の中でしか見つからない自分の本当の問題点

孤独の中でしか見付からない自分の本当の問題点。

人は皆、仕事であれ、人生であれ、投資であれ、目的を達成するために計画を立てています。

しかし、いざやろうとすると、達成の為の努力より楽な方へ流れやすくなります。その時に、楽な方へ流れる自分に対して、正当化する理由を見つけては、『自分は悪くない!』と言い聞かせているのです。

一人で向き合うべき問題点とは、『正当化する言い訳』を見つけてきた理由です。

本人にとっては、仕方ないと思える正当化した言い訳がありますが、本質的には大体が後付けの理由に過ぎず、なぜ言い訳をしたのかという事に目を向けなければなりません。

例えば、小学校の頃、夏休みの宿題を計画的に進めることが出来た人は少ないのではないでしょうか?

多くの人は、3日前まで遊んでしまい、最後にまとめて答えを写したり、日記を思い出しながら作業をした事でしょう。

宿題をやらなければ、後でツケが回ってくることは小学生でも分かっています。しかし、今の苦痛に目をつむり、目先の快楽に溺れてしまいやすいものなのです。

その理由を問いただせば、理由と言えないような答えが返ってきます。

子供だけではなく大人も同じです。

 

自分がやらない言い訳を作らない。自分から目を逸らすな

自分がやらない言い訳を作らない。自分から目を逸らすな

例えば、ダイエットを例に取ってみます。

ダイエットをしようと宣言をするけれど、実際に成功する人の方が少ない事でしょう。
いざ走ろうとしても、『このテレビが見終わったら走ろう!』とスタートを延ばします。

そして、時間が経過してくると『今日は夜も遅いから、明日の朝に走ろう!』となり、朝がくれば『眠いし、仕事もあるから帰ってから走ろう!』と宣言します。

結局、走ることもなく、ダイエットという目標は達成されることはありません。

簡単なことを例に挙げましたが、これはFXトレードで負けている人も大体が同じです。やるべきことはわかっているのに、やらない。できない理由を探してしまうのです。

目の前の苦痛を避ける理由を、あっちこっちから引っ張り出しては、出来ない自分を『仕方ない』と自分を慰めているに過ぎません

向き合うべきは、『なぜ、仕方ないと思える言い訳を引っ張ってきたのか』ということです。

大抵の場合は、『楽をしたい』や、『苦痛を避けたい』などでしょう。

更に奥にある理由として、『たかがダイエット程度を、達成する事が出来ない自分を認めたくない』というのがあるのではないでしょうか。

他人から『ダイエットも出来ないのか』と指摘されれば、『やれば出来る!』と反論するでしょうし、実際にやれば出来るでしょう。

しかし、自分自身で『ダイエットを達成出来ない』と指摘されれば、言い訳は出来ません。

ダイエットの為の時間があった事を知っていますし、言い訳をしてきた都合の良い自分を分かっています。

ここでは、ダイエットを例にとってみましたが、FXでも同じこと。損失を出した時の自分の為に言い訳を作っていませんか?

自分自身と向き合うとは、言い訳した理由の理由を掘り下げていく作業です。

自分が行動した事に対して、上辺だけの理由ではなく、その奥にある本当の自分を見付けていくのです。

これには、正解はありませんし、終わりはありません。

自分の欠点を突き付けられることもあり、精神的な苦痛にもなるでしょう。

しかし、それから目をそらしては何も変わりません。

その欠点のある自分と向き合い、受け入れる事が、次の成長への掛け橋となるでしょう。

FXで利益を出していくということは、やはり自分と向き合うことが必要不可欠です。是非参考にしてください。

FXトレードにおいて非常に重要なメンタル。メンタルに関する記事と要点について、以下の記事にまとめていますので、FXトレーダーとしてのレベルアップに活用してください。

Check!FXトレードにメンタルは必須!初心者向けマインドまとめ保存版