FXトレードで成果を出したい人以外は読まないでください

皆さんこんにちは。
FXトレードデリバリー Mr.マグナムです。

FXトレーダーとしての今の自分が通ってきた道のりの中で意識してきた事、マインドについて伝えていきます。

トレーダーを目指す皆さん。
いいところは真似をしてぜひ実際に取り入れてください。

世の中、行動した者にだけ見える景色が必ずあります。トレードに関係しない何気ないことも、実は先々で生きてくることもあります。

今日は「FXトレードで成果を出したい人以外は読まないでください」という釣りのようなタイトルにしてみましたが、『成功に近い人の8個の共通点』について。

物事がうまくいかない。FXのトレードに勝てない。
それを環境や他者のせいにしていませんか?

今日紹介する8つの項目は、私が接した中でトレーダーとしての成功を納めている方の共通点ともいえそうです。

皆さんはどのくらい当てはまるでしょう。

トレードで着実に結果を残している人、勉強・仕事ができる人や人生を楽しんでいる人はほぼ共通して高い行動力を持っています。

行動力がない人は、成功している人を見て「私はとてもあの人みたいにはなれない、持って生まれた才能が違う」とあきらめてしまうかもしれません。
しかし、成功している人が必ずしも生まれた時から多くのお金・時間・体力に恵まれた特別な人とは限りません。

行動や物事の考え方、取り組み方で大きく結果は変わってくるものです。
いいスパイラルに入っている人たちの共通点を紹介していきます。

積極的である -FXトレードで成功に近い人の8個の共通点-

FXトレードで成功に近い人の8個の共通点-積極的である「積極的な人」は自ら進んで何かにチャレンジする人を指し、能動的な人・自発的な人ともいうことができるでしょう。また、「知人に勧められた本が面白かったから、同じ本の著者が書いた他の本もどんどん読んでみよう」というように、他者からの働きかけによってさらに意欲・興味を高められる人も積極的な人と言えるでしょう。

人間関係でいうと、初対面の人を相手にする場合でも自分から話しかけられる人や意識的に相手との接点を増やして関係を深めようとする人は積極的といえるでしょう。

「積極的な人」と対極なのは「消極的な人」。

消極的な人は自ら進んで何かに取り組むことは少なく、何かをするときも「仲間外れになりたくないから、皆がやっていることと同じことをやらないといけないのかな」「全然興味がないけど、親に言われたから仕方なくやらないと」といった否定的で受け身な動機から物事を始めることが多いです。

自発的に物事を学ぶ、行動をするという事は決断の連続であるFXトレードにも通じるところ。意識しましょう。

 

好奇心が旺盛である -FXトレードで成功に近い人の8個の共通点-

FXトレードで成功に近い人の8個の共通点-好奇心が旺盛である.
好奇心旺盛な人は、自分が知らない事や不思議に思った事など幅広い物事に興味を持ち、それらの物事をより深く知るためにさまざまな行動を起こします。好奇心旺盛な人はたいてい趣味も多く、また趣味を通じて多くの知識を得るため多くの知恵を身につけていきます。趣味を通じて交友関係をどんどん広げ、新しく得た人脈からさらに多くの知識を得て自分の世界を広げることもできます。

それだけでなく、好奇心が旺盛な人の多くは高い適応力を持っています。好奇心があまりない人であれば辛いと感じる物事や環境でも、新しいことを学ぶチャンスと捉え、どんどん困難に挑戦して現状を切り拓いていくことができます。

時間やお金、体力などに自信や余裕がなくても、日頃の思考のクセを少し変えるだけで行動が変わってきます。

まずはその第一歩として、何事にも興味を持つような好奇心・知的探求心を意識してみるといいですね。すぐに、怠い。今の自分には興味がない。感じている人は要注意です。

 

失敗を恐れずに選択したことを正解にする -FXトレードで成功に近い人の8個の共通点-

FXトレードで成功に近い人の8個の共通点-失敗を恐れずに選択したことを正解にする.

日本人は安定を好み失敗を避けたがる人が特に多いと言われています。これはFXトレードだけでなく、投資人口にも関わってきますね。

もちろん、何かをするときに慎重になることは大切です。常に無鉄砲な行動を繰り返しているようでは、時として思わぬアクシデントの元になってしまうからです。しかし失敗を恐れすぎると不安や恐怖ばかりが先走り、何もできなくなってしまいます。

発明王エジソンの格言、「失敗は勉強であり発見である」という言葉をご存知でしょうか。

失敗とは「恥ずかしいもの、怒られてしまうもの」ではなく「この方法では成功しないことを学ぶ機会」ととらえれば、挑戦へのハードルを下げることができるでしょう。

何より、失敗をせずに成功していった人などはおらず、FXトレードでも自分の型を作るために数々の失敗をするものです。

そこから何を学びどう成長するか。失敗が何よりも人を成長させるのです。

例えばある目的を達成するためにAとBの異なるのいずれかの行動を行う必要があり、行動Aを選んだ結果目的を100%成功させることはできなかったとします。

ここで「Aは失敗だった」で終わってしまえば、行動Aは不正解となってしまうでしょう。しかし「方法Aではこの事柄はうまくいかなかったが、代わりに別の目標を達成するのに役立った」「最適な方法を見極めるには、AとBの両方を試すことが必要不可欠だとわかった」などと解釈すれば、Aもひとつの正解となります。

もちろん、まったく失敗せず1回ですんなり成功できるのも素晴らしいことです。しかし、失敗をしなかったということは「こうすると失敗する」ということを学ぶ機会がなかったとも解釈ができます。それは1つの成長機会を失っているともとらえることができますね。

 

目的・目標が明確になっている -FXトレードで成功に近い人の8個の共通点-

FXトレードで成功に近い人の8個の共通点-目的目標が明確になっている
「自分は現在こういう状況で、将来はこうなりたい」といった具体的な目的・目標を持つことによって、行動を起こしやすくなります。この逆算的思考は非常に大切といえますし、意識をすることで誰でも実行することができます。目的や目標ももたずにやみくもに行動を起こすという事は、欲しい物がないにもかかわらず買い物に出かけるようなものです。

仮にアルバイトをするのであれば、「とりあえずお金を稼ぎたい」といった曖昧な目的よりも「まず今のお店で経験を積んで、将来は一流のシェフになる」と具体的な目標を設定する。

トレードをするうえでも、「今目の前でたくさんの利益が欲しい」等ではなく、「まずは最小ロットで、トレードの基本を作って半年後に月〇〇pips取れるように行動する」など。

今どんなことに注力して、どれだけ何をやるべきか見極めやすくなります。目的・目標をはっきりさせることで、日々のモチベーションも上がってきますし何よりも密度が変わります。

目の前のお金を稼ぐという事に関しても、すべてが間違っているとは思いません。

例えば「トレードをするうえで新しいパソコンが欲しいから、働いて10万円貯める」といった目標も良いでしょう。

この場合は具体的な目標(トレーディングPCを購入する)と労働対価に対して数字(10万円)がしっかり定まっていて目標達成までの道のりを思い描きやすいので、容易にモチベーションアップにつなげられるでしょう。

※くれぐれもトレードを始めたばかりの段階でFXで10万円買ったらパソコンを購入する。などの根拠のない目標は立てないように。

 

素直な心を持つ -FXトレードで成功に近い人の8個の共通点-

FXトレードで成功に近い人の8個の共通点-素直な心を持つ

素直な心を持ち、他者の価値観や意見などを柔軟に取り入れることができるというのも1つの能力です。

ただし、度が過ぎてしまい他者の意見を何でもすぐ鵜呑みにしているだけではただの「流されやすい人」です。開いた心、素直な心を持ちながら自分自身の信念や目標を軸にしつつ、他者の意見を上手に取り入れるのです。

クリティカルシンキングは重要ではありますが、逆にバイアスによって物事をこうだと決め付けたり自分の意見を他者に押し付けたりせず、時には自分にとって耳の痛いアドバイスも謙虚に聞き入れることで、それまで思いも寄らなかった新しい世界が見つかるかもしれません。

 

思考がポジティブで気持ちの切り替えが上手 -FXトレードで成功に近い人の8個の共通点-

FXトレードで成功に近い人の8個の共通点-試行がポジティブで気持ちの切り替えが上手.

「ポジティブな人」はしばしば「楽天家」と混同されますが、楽天家とポジティブの間には違いがあります。ポジティブな人は「仮に失敗したとしても、違う方法で再挑戦してみよう」というふうに前向きかつ論理的に考えられる人です。

これに対して、楽天家は「なんとかなるさ」と勢いだけで行動する人のこと。前向きなのは良いことですが、失敗から学ぼうという姿勢がなければ何度も同じ失敗を繰り返すでしょう。

それだけではなく、何かに失敗したことが原因で自分や他者が不愉快な思いをすることもあります。

失敗から目をそらさず素直に受け入れることも大事ですが、なるべく早く気分を切り替えてクヨクヨ、イライラした気持ちを引きずらないことも同じくらい大切です。ポジティブであること、すなわち素早く気持ちを切り替えることで次の行動について考えやすくなり、モチベーションをあげていくことが可能です。

失敗のショックが大きい場合は、失敗したことを一旦忘れて思い切りリフレッシュしてみましょう。ひとまず気分を落ち着けてから失敗とじっくり向き合うことで、事実をすんなり受け入れられることも少なくありません。

反対に、成功体験にこだわりすぎるのも良くありません。過去の成功体験にこだわりすぎることで視野が狭くなり、新しい行動を起こしにくくなることがあるからです。

 

向上心がある -FXトレードで成功に近い人の8個の共通点-

FXトレードで成功に近い人の8個の共通点-向上心がある

現状の環境に満足した時点で成長は止まってしまうもの。

もし100%現状に満足していたら、わざわざ時間やお金を使って新しいことをしようという意欲は起こりにくいでしょう。今よりもっと多くのことを知りたい、今の自分にはない新しいスキルを身につけて能力を高めたいという意欲を持ち続けることが、新しい行動を起こし自らのステージをさらに上げていくうえでの原動力となります。

向上心がない人は、「あの人の教え方が悪いから失敗した」というように自分の失敗・不満の原因を外部に求めがちです。この他責の念を持ってしまうというのは非常に危険です。

自分を変えようという意識が薄いため、スキルもなかなか上がりません。これに対し、向上心がある人は「次に成功させるために、スキルをもっと磨こう」と自分の中に原因を求めて改善しようと努力します。自分の責任のもと、向上心を持って行動をする。このことはとても大切です。

 

思考がシンプル -FXトレードで成功に近い人の8個の共通点-

FXトレードで成功に近い人の8個の共通点-思考がシンプル
物事は思い通りにいかないことのほうがほとんどであり、何かをしている途中で他の問題が起こることもあります。他の問題のことをあれこれ考えすぎると思考がゴチャゴチャになり、物事の本質を見失いやすくなります。問題の原因を見つけるには、物事を複雑に考えすぎずなるべくシンプルに考えることが重要です。

考えすぎて頭が煮詰まりそうになったら、目の前の問題から一旦距離を置いて物事の全体像を見つめ直してみましょう。全体像をシンプルに、そして俯瞰的に捉えることによって、問題の元となる根本的な原因を見つけやすくなります。

目の前で発生する問題ばかりに振り回されるのは、タイヤのフレーム自体が壊れていてパンクを頻繁にする自転車で、パンクするたびにチューブの穴をふさいでいるようなものです。穴が開いたチューブをいくらふさいでも、結局は解決せずその場しのぎにしかならないケースが多い。根本的原因であるタイヤのフレームを治すしかないのです。そうすることによって自転車はパンクしなくなり快適に乗れますよね。

最後に…ひとつずつでも意識をすることに意味がある

FXトレードで成功に近い人の8個の共通点-最後に…ひとつずつでも意識をすることに意味がある成功を引き寄せている人は、これらの8つの共通点を持っている方が多く、目的達成のために自ら高い意欲を持って行動し、失敗をむやみに恐れるのではなく失敗からも前向きに学ぼうと努力します。

自分はあれもこれも当てはまっていなかった。だからもう駄目だ。とあきらめていては、当然ですが何も進みませんし自己の成長や成功は望めないでしょう。いいなと思った事。もしくはここが足りないなと頭でわかっていることがあれば1つずつでも実際に自分を変えられるように行動をしていくことです。

日本人は大人になればなるほど安定を求め、行動力が低下する傾向があります。しかし、新しいことを始めたり習慣を変えることに遅すぎるということはありません。今この瞬間から、行動力を高める第一歩として実際に自分の生活にいいところを取り入れていきましょう。それを続けていくことこそが、未来をつかみ取る行動に繋がります。

LINE@でのFXトレードの配信は下のボタンで友達追加できます。もちろん無料ですし、自信を持って配信しています。
他人の手法の中から、新たに見えてくる世界があるもの。

その中で自らの手法を確立していく。それがトレーダーの正しい進化スタイルだと僕は思います。
それなりにわかりやすい配信を心がけていますので、興味があったらLINE@を登録して参考にしてください。

FX trade deliveryLINE@登録ボタン

「Survive first and make money afterwards 」
(まずは生き残れ。儲けるのはそれからだ。)

それでは!