FXのロット計算方法は?【簡単】資金と損切りからロットを自動計算できるアプリ紹介

皆さんこんにちは。
FXトレードデリバリー Mr.マグナムです。

今日のFXトレード基本は、「FXのロット計算方法は?【簡単】資金と損切りからロットを自動計算できるアプリ紹介」について。

この記事はこんな人におすすめ!
  • FXをする時にどうやってロットを計算すればいいかわからない初心者の方
  • 損切りをすると、考えていた以上に大きく資金が減ってしまう方
  • 常にFXで一発逆転を狙った取引をして、強制ロスカットで退場してしまう方
  • アプリやツールなど、簡単なロットや損切りの計算方法が知りたい方。

    lot(ロット)とはFXの取引における単位のこと。ポジションを持つときは皆さん必ず、ロットを設定していると思います。

    実際独学でFXをしているトレーダーの中では、このロットの設定がうまくいっていないことが原因で資金を減らしてしまっているという人が多いです。

    LINE@で配信している取引に参加するときの参考にもしてもらえればと思っています。

    Mr.マグナムMr.マグナム

    結論から言うと、トレードロットは「損切り」から逆算して考えましょう。

    それはなぜなのか、考えていきます。早速見ていきましょう。

    FXで何よりも重要なトレードロット(取引数量)

    FXで何よりも重要なトレードロット(トレード数量)FXで利益を出しているどのFXトレーダーに聞いても、口を揃えて言うことがあります。

    ミスメイドA〇

    実はFXのトレードで利益を出していくうえで一番大事なのは、テクニカル分析はどうするかなどではなく、トレードlotの調整なんですよね!あとは損切りです。

    もちろん、FXをする上でテクニカル分析やトレード手法の基礎が必要ではあるのですが、トレードロットをどう決めていくかというのはそれだけ大事な話であるという事です。トレードロット管理=資金管理です。

    例えばFXの投資資金が10万円しかないのに毎回1ロット(国際的なFXベースで伝えるので、10万通貨)でトレードしていたら、少し予想が外れただけですぐに資金が尽きてしまいます。

    かといって、10万円の資金で毎回0.01lotでトレードをしているだけではpipsにもよりますが今度は連勝しても全然資金が増えない。といった具合になります。

    というわけで、初心者にとってもこの「トレードロットをどう決めるのか」というのはないがしろにできないポイントなのです。

    その中で、実は「いくら儲けたい」という視点でlotを決めるのはおすすめできません。

    (あるある体験談)50歳 Bさん FX歴2年ご職業:サラリーマン初期資金:10万円 損失額:50万円 
    お客様の声
    どうしても今までのFXの負け分を取り返したいから、まず勝ちたい、50万円取り返したいってところに目が行ってしまうんですよ。注文する時の損切りはそうですね、実は設定してないです。だってFXで負ける事を考えていたら勝てる戦も勝てないって言うじゃないですか。そのやり方で勝てたかって?これから勝つんですよ。損切り貧乏からは卒業です。

    ロットを決める最も基本的な考え方は、「最初に損切された場合のことを考える」という事です。

    FXで利益を出していくコツは、いかにして損失を小さく抑えて立ち回るのか。

    損失が大きくなるとそれを挽回するためにリスクを負ったトレードをしなければならなくなってきます。それではなかなか利益を出していくことは難しい。

    という事が言えます。

    何故このようなことを考えるのかというと、FXで着目する為替相場やその他の市場の価格というのは誰にも100%予知できないものであり、相場は相場の都合で動くからです。

    Mr.マグナムMr.マグナム

    Bさんの熱い気持ちは感じますが、気持ちではFXは勝てません。相場はFXトレーダーのことなどお構いなしなのです。

    なので、FXでは優位性が高いところで取引するわけですが、損失を出すこともある。その損失を許容できるようなロット管理で損切り学を設定しておく必要があるんですね。

    一回の取引で損失を許容できる金額を把握しエントリーする

    損してもいい…?一回のFXトレードで損失を許容できる金額を把握する

    FXでトレードをする時は損失を視野に入れた立ち回り、トレードロットを考える必要があります。

    3つのステップで適正な一回辺りのFXエントリー時のトレードロットを計算してみましょう。

    ステップ①「このトレードで自分が損してもいいと思える金額」を決めておく

    投資資金が10万円の場合、1回のトレードで1万円の損失を出していたとしたら、一気に元の資金の10%を減らしてしまうことになります。

    これは損失の割合としては大きすぎるといえます。

    感覚値やみなさんそれぞれの資金状況にもよりますが、この割合が大きいと結局のところ冷静な判断ができなくなってしまいます。

    本来は損切りラインを変えることはないのに、負けたくないが為にルールを変えてしまい大損失。という事もあります。

    個人的には、損切りをした場合の損失が「資金の5%以下」で済むようなトレードロットに抑えることをおすすめします。

    いずれにしても自分なりの損切りの目安を決めておきましょう。

    ステップ②エントリーをしようと思った時に、同時に損切りポイントも決めておく

    FXのエントリー時に損切りポイントを決めるということの重要性については、以下のOCO注文に関する記事でも伝えたことでもあります。

    例えば、チャートの値動きを確認しながら、

    おじさん

    「110円で買いのエントリーをしよう。もし予想が外れてしまった場合、108.5円になったら損切をすることにしよう。」

    となると、

    損切りまでのレートの幅は「1.5円=150pips」です。

    あとはここで決めた「損切りまでの幅」と、ステップ①で決めた「損失を許容できる金額」から実際にトレードをするロットを決めます。

    ステップ③トレードロットを計算する

    さきほど設定した「損切までの幅」と「損失を許容できる金額」から、あとは計算するだけです。

    損切りまでの幅=1.5円

    損失を許容できる額=5000円

    ですから、トレードロットのベースとなる、トレードで実際動かす金額は5000円÷1.5円=3333.333…ドル。

    端数を切り捨てて、約3000ドルでトレードをすると損失は5000円の範囲内で収まる。

    1ロット=10万通貨(10万ドル)なので、

    0.03ロット=3000ドル

    でトレードをすれば、計算通り損失は5000円の範囲内で抑えられる。という事です。

    lot計算で利用する数字は2つで、

    「損失を許容できる金額」と「損切までの幅」だけですので、しっかりとトレード前に意識しましょう。

    ロットサイズ計算機アプリを使えばFXロット計算も一瞬で終わる

    本FXトレードデリバリーブログ右上にも載せていますが、こちらのロットサイズ計算機アプリに数字を入れていくことで適切なロットサイズを自動で計算することが可能です。

    現在、FXの取引でロット調整に苦労している方は、FXでトレードをする時には必ず、こちらのロットサイズ計算機アプリを利用して、損切り許容額からトレードロットを算出する癖をつけてみましょう。

    Position Size Calculator widget is provided by DailyForex.com – Forex Reviews and News

    FXロットサイズ計算機アプリ 入力例

    ロットサイズ計算機の使い方は簡単です。

    まずは、以下のロットサイズ計算機アプリの緑色の部分の5項目を入力します。

    FXロットサイズ計算機アプリの入力項目
    • Account currency…FX会社の口座の通貨種別※JPY(日本円)口座の人が多いと思います。
    • Account balance …口座残高※含み損がある場合は余剰証拠金
    • Pecentage risk…資金に対する損切許容額の割合
    • Stop loss in pips…損切りまでのpips数
    • Currency Pair…トレードする通貨ペア。口座種別・トレードする掴ペアによって多少pipsとロットの関係が変わります。

    トレードロットサイズを損切りから考える、ロットサイズ計算機の使い方
    「Calculate」ボタンを押すことでFXのトレードロットは自動計算されます。

    下に表示された計算結果の、Standard lotsのところが海外FX業者を利用して取引する場合のロット数という事になります。

    クロス円(USDJPYやEURJPY、GBPJPY)は動いたpipsからの損失額計算が簡単なのですが、ドルストレート(EURUSD、GBPUSDなど)や日本円が入っていない通貨ペアに関しては、為替ギャップが出るのでロット計算機を利用すると正確に計算ができるというわけです。

    トレードに慣れてくると、自分の頭の中で計算できるようになってきますが、最初はこういったトレードロット計算機などを利用して丁寧に1つ1つFXトレードをすることもしっかりと型を作っていくうえではおすすめです。

    まとめ

    FXのロット計算方法は?【簡単】資金と損切りからロットを自動計算できるアプリについて紹介してきました。

    FXのロット計算で大事なポイント
    • トレードロットは「損切り」から逆算して考えよう
    • FXで利益を出していくうえで一番重要といわれているのはトレードロットの調整
    • 最初は資金の5%未満を損切額に設定、ロットサイズ計算機アプリを使ってトレードロットを丁寧に自動計算して慣れるまで型をつくる事を推奨

    ロットサイズ計算機アプリは本ブログ右側のサイドバーに設置していますので、FXトレード時に活用してください。

    どういった考え方で損切り額や1回のエントリー時のロットの決めるかなどの資金管理は、今後FXで資金を運用していくうえでとても大切なルールの1つです。

    最初のうちは、1回1回のトレードを大事にし、FXトレーダーとしての経験や自己のトレードルールを確立していく。

    Mr.マグナムMr.マグナム

    目先の利益を追求せずに長い目で見たFXトレーダーとしての体力を付けていくことが、将来に生きてきます。FXは一発逆転を狙うものではなく、コツコツとヒットを狙っていく。そんな投資なんです。

    最後に、今回の損切りから逆算をする習慣を身に付けるということは、FXトレードをする中で初心者が負ける大きな要因とされている「ポジポジ病」を抑えることにも繋がりますし、想定外の損失や含み損を持ってしまうことにより精神が不安定になってしまって更に傷口を広げてしまうという典型的な大損失パターンを抑えることにも繋がります。

    ■FXトレードの基本的なことや基礎、チャート分析など以下の記事にまとめていますので参考にしてください。

    Check!FX初心者がトレードを始める為に覚えるべき基本【保存版】

    Check!無料公開!FXトレード実践チャート分析のノウハウ【保存版】

     

    FXトレーダーとして、ただ目先の利益を追い求めてトレードを繰り返すのは良くないとされていますが、実際にトレードの経験を積む上で身についてくるのが相場観や資金管理でもあります。

    不定期ではありますが、無料でLINE@でのFXトレードの配信を行っています。
    できる限り、トレード時のチャート状況なども送って行く予定です。他のFXトレーダーの手法から、自分の問題点が見えてくることもあります。

    その中で自らのFXトレーダーとしてのスタイルを確立していく。そういった目安的な位置づけで活用してください。

    「Survive first and make money afterwards 」
    (まずは生き残れ。儲けるのはそれからだ。)

    それでは!