レジスタンス?サポート?水平線を引いていく!【FXトレード基本】

皆さんこんにちは。
FXトレードデリバリー Mr.マグナムです。

今日のFXトレード基本は、水平線について!

レジスタンスライン、サポートラインとも言われるこの水平線は、テクニカル分析をしていく上で最も利用されているツールの1つでしょう。

チャートを見ていく上での基本にもなるので触れていきます。

MT4に水平線を引くことで跳ね返されやすいラインが見えてくる

MT4に水平線を引くことで跳ね返されやすいラインが見えてくる

トレーダーが意識する重要なラインが、レジスタンスラインとサポートライン。

別の記事で紹介をしようと思っているトレンドラインと並ぶ重要なラインですが、このレジスタンスラインとサポートラインという2本のラインは、チャートに対して水平に引く線の事をいいます。

レジサポライン(レジスタンス、サポートラインのこと)の引き方は実はかなり簡単です。

チャートを見て目立つ高値や安値を通るような感じで水平線を引くだけです。

高値に引いた水平線がレジスタンスライン。上がっていったレートがそのラインに達すると抵抗を受けて跳ね返されるということから、「抵抗線」とも呼ばれています。

安値に引いた水平線がサポートライン。こちらは下がってきたレートが支持されて、切り返しやすい為に「支持線」とも呼ばれています。

市場の注目度が高く相場の転換ポイントになりやすい

レジサポラインは共に相場の転換ポイントになりやすいため、エントリーや利確、損切りをする為の目安として使われます。

特に、過去に何度も跳ね返されて、ローソク足のヒゲ先や実体線が2つも4つもあたっているようなレジサポラインは要チェックです!

ここのポイントはそれだけ市場の注目度が高まっていると言えるので、そのレジサポラインを超えた時は、一気に値動きが加速する傾向があります。

硬いレジスタンスラインを破ったら、そのままの勢いで上昇しトレンドを作りやすく、硬いサポートラインを割ったときも同様に大きく下げて行きやすいです。

このあたりは、以前のこちらの記事にも書いていますが、狙いどころになるわけですね。

 

FXで保有中のポジションはどこで決済するべき?

FXで保有中のポジションはどこで決済するべき?FXにおいて、水平線(レジスタンスライン・サポートライン)は今エントリーしている、またはエントリーを考えているポジションの出口はどう処理するか、という決済の判断材料にも利用できます。

持っている買いのポジションに利益が出ていて、少しうえに硬そうなレジスタンスラインがあるとします。

こんな時は、

「この先はなかなかレジスタンスラインが固くて越えられそうにないな」

と判断をして、レジスタンスラインの少し手前で利確する、という選択肢も考えられます。

また、逆に含み損を抱えている買いポジションをどこで損切りしようかと迷ったりした時にも、

「このサポートラインを割ったら、さらに大きく下げてしまいそうだから、サポートラインのちょっと下に損切りの注文をしっかり入れよう」などという判断にもなる。

トレードにおける判断で色々と便利に使えるこのレジサポラインですが、皆さんが気になるのは一体どこの高値・安値に線を引くの?ということでしょう。

レジサポラインを引いていく上で注目すべきこと

まず注目して欲しいのは、過去の重要な節目。

過去1年、半年の高値安値やトレンドの起点となった高値安値をチェックします。

大きな足から確認するのがいいので、週足・日足・4時間足という感じで徐々に確認をしていく。

そして、だんだんとここ最近の期間、直近1ヶ月のポイント⇒1週間のポイント、昨日の高値安値。

など、というような具合で引いてみるのがまずはわかりやすいでしょう。

(あるある体験談)20歳 うさ吉さん FX歴2ヶ月ご職業:会社員初期資金:10万円 
お客様の声
レジサポラインがトレードで1番重要だと習いました!なので、毎日ラインを引いています。5分足を見て引いていますが、引けるところがたくさんありすぎて…チャートが線だらけ、どこでトレードすればいいんだか混乱する時があります。うーん。

ラインを引く判断基準、これは最初難しいところですね。でも大丈夫です、これっておそらくはFXを初めてやる人はみんな感じること。

では、FXでトレードをする上で実際にラインをMT4のチャート上のどういったところに引いていくべきか。見ていきましょう。

FXでレジスタンスライン・サポートラインを引く時のポイント

まず最初に覚えておいて欲しいのは、

レジスタンスラインやサポートラインなどの水平線をMT4のチャート上に引きすぎると正直言ってわけがわからなくなるので、自分のトレードスタイルによって変えていきましょう!

そして、この水平線を引く上で絶対的な正解は存在しません。

更にあまりチャート上の水平線が多すぎると、正直チャートが見づらくなってしまいますし消すのも大変。

MT4のチャート上に描写するのは2・3本でいいと思います。

このラインの判断基準はプロトレーダー、各トレーダーによって結構異なりますので、誰かの真似をしてみてもいいのでは?

私はまずはMT4上になんとなくラインを引いていく。

というのが初心者トレーダーの間は大事だと思います。

日々のFXトレードをする際のルーティンとして取り入れるなら、大きい時間足から、例えば、週足、日足、4時間足、1時間足などの順番に節目を狙っていく。

というのを取り入れるといいですね!

例えばドル円の1時間足で引いた水平線は以下のようになります。

レジスタンス?サポート?水平線を引いてみる、レジサポ転換

水平線を抜けた後、サポートラインとなっていたものが、逆にレジスタンスラインとなってさらに落ちていっているのがわかりますね。

これがレジサポ転換です。今後FXでトレードをしていく中で何度もお目にかかることがあるでしょう。

 

今日の大事なポイント
  • 過去に何度も跳ね返されて、ローソク足のヒゲ先や実体線が2つも4つもあたっているようなレジサポラインは要チェック!
  • どこの高値・安値に線を引くの?迷った時は、大きい時間足から誰もが注目する高値安値やトレンドの起点となった高値安値をチェック
  • FXトレードのルーティンとして取り入れるならば、大きい時間足から順番にチャート上の節目となるところに水平線を引く。まずは引いてみる。完璧に引く必要等ありません。

 

FX初心者~中級者が必ず身につけるべき基本的な知識や知っておくだけでトレードが変わるFXの基礎は以下の記事にまとめています。まだ見ていない場合は、一度目を通すことをおすすめします。

「Survive first and make money afterwards 」
(まずは生き残れ。儲けるのはそれからだ。)

それでは!