1月29日 FXトレード配信結果 USDCAD(ドルカナダ)

皆さんこんにちは。
FXトレードデリバリー Mr.マグナムです。

1月29日にLINE@で配信したUSDCAD(ドルカナダ) のトレード結果を伝えます。

ホームページには、始めてトレード結果を載せる形になり少し緊張気味です。

FOMC前のトレード、FOMCでの利上げ回数減少などの懸念も相まって、テクニカル的要因だけでなくドル安の展開に向かいました。

FOMCでの上ブレも当然織り込んでのトレードです。

それでは見ていきましょう。

 

FXトレード 開始詳細(LINE@配信と同様)

1/29 USDCADトレード開始時

日本時間:1/29 14:03頃
通貨ペア:USD/CAD
方向:short(売り)
トレード開始価格:1.32552

決済指値※利確(T/P):1.31750
決済逆指値※損切り(S/L):1.32850

ちなみにこの配信時、ほぼ同時刻にNZD/USDの買いポジションも配信しました。

相場は同じようなタイミングでエントリーチャンスが来ることも多いんですよね。

 

トレード時のチャート状況

20190130USDCADfxtradedelivery

 

FXトレード終了時詳細(LINE@と同様)

 

獲得pips

獲得pips:87.9pips
クローズ要因:決済指値(T/P)に到達して利益確定

トレード開始価格:0.68471
トレード終了価格:0.69350

20190130USDCAD値

トレード後のチャート状況

20190130USDCAD結果1

 

今回のUSDCADはまさに狙い通りで、トレンドに乗るタイミングを掴めました。

FOMCや雇用統計など、注目度の高い指標発表は確かに怖さもありますが、ある程度織り込んだ中でテクニカルをもとにトレードをするのがいいかなと。

こんな感じで、ある程度実践トレードを交えながら記事を更新していこうと思っています。

エントリータイミングと結果のタイミングがずれることも多々あるので、更新の順番は前後するかもしれません。

 

LINE@でのFXトレードの配信は下のボタンで友達追加できます。もちろん無料ですし、自信を持って配信しています。
他人の手法の中から、新たに見えてくる世界があるもの。

その中で自らの手法を確立していく。それがトレーダーの正しい進化スタイルだと僕は思う。
それなりにわかりやすい配信をしているつもりだから、興味があったらLINE@を登録して参考にしてください。

FX trade deliveryLINE@登録ボタン

「Survive first and make money afterwards 」
(まずは生き残れ。儲けるのはそれからだ。)

それでは!